2021-07-18

深いブルーの瑠璃釉 |益子焼の器

吸い込まれるような深いブルーに惹かれて購入した、益子焼の器。
阿久津忠男さんという陶芸家の代表作「瑠璃」シリーズの一品。40年もにわたり、ファンを魅了試続けています。

栃木県の益子焼は江戸時代末期、笠間で修行した大塚啓三郎が窯を築いたことに始まると言われます。
民藝運動により注目されるようになりました。
一度訪れたことがありますが、ドライブをすると工房がたくさんあり、民藝好きには楽しい土地です。

あくつ

深いブルーは、鮮やかな食材を美しく演出し、真っ白なお豆腐や、彩度の高いフルーツ、黒ごま和えなどの渋い色味も合う。
食卓にしっとりした深みを添えてくれる一品です。

益子焼独特の重厚感のある見た目に反し、手に取ると軽い。
益手びねりで成形されガス窯で仕上げているそうです。
カップや平皿など様々な器があるので、シリーズで揃えたくなる!

私は吉祥寺アトレ内の「orné le marché」で見かけて購入しました。
お値段も民藝ならではの手に取りやすい価格で、是非一度触れて欲しい器です。

\ SHARE! /
タグ: , ,
関連記事